印刷の種類は、目的に合わせて行う事!そのための専門知識を頭に叩きこもう!

現在、主流のオンデマンド印刷とは

スピード印刷としての宣伝文句で紹介をしている印刷のほとんどが、オンデマンド印刷による内容です。オンデマンドとは、要求に対して直ぐに答える意味合いを持ち合わせていますよ。この印刷技術を分かり易く例えるならば、個人で利用する印刷機を高性能化させた様な姿でしょう。カートリッジを利用するため、市販されていないカートリッジの色は扱えません。ただし、小ロットに対する印刷であれば、素早く印刷を行う事が可能のみならず、一枚に対する料金を抑えれるメリットも持ち合わせています。又、内容も直ぐに変える事が可能なため、文字データを変えながらの印刷も容易に行う事が可能ですよ。

まだまだ需要が高い、オフセット印刷とは

オフセット印刷とは、ITが生まれる以前から利用されていた印刷技術です。版を作り、版に載せたインクをローラーに転写させてから、柔らかいローラーを紙に乗せる技術です。版の作成を行う必要性があるため、人件費が重なる事もあれば、時間を要してしまう事もありますよね。ただし、インクを直接、機器に流し込む内容です。そのため、様々なインクの利用が可能なのです。又、紙やインクを大量に仕入れているため、その費用に対する単価を抑えれるメリットも持ち合わせていますよ。つまり、大量に印刷を行うのであれば、オンデマンド印刷よりも、一枚の費用を抑えれる可能性も持ち合わせていると言えるでしょう。業者によっても、一枚の単価が変わるため、印刷会社に確認する事がポイントです。

紙の種類によっても効果に違いが現れる

同じインクを利用していたとしても、印刷を行うための紙の種類の違いによって、印刷内容が変わる事もありますよね。オフィスなどでは、コピー機を利用して印刷を行う事がよくあるでしょう。そこで利用されている紙の多くは、上質紙と呼ばれる紙ですよ。雑誌や、ポスターなどと比べれば、違う質感を感じる事もありますよね。この様な紙は、コート紙、マットコート紙と呼ばれる紙の種類になります。コート紙は、光沢が強く現れ易い紙であり、マットコート紙は、その光沢を少し抑えた紙になります。もちろん、上質紙よりも需要が低いため、紙の単価は高い傾向にありますよね。予算と目的を合わせながら、最も効率の良い印刷方法を選ぶ事も大切ですよ。

封筒印刷を専門業者へ依頼することで、より高品質な仕上がりを期待できます。また、スピーディーな対応を行っている業者を選ぶことで、急いでいる場合でも安心して依頼できます。