現代社会のプライバシー保護の脆弱性について

ソーシャルネットワーキングサービス上のプライバシー

スマートフォンの一般化によって、ツイッターもしくはインスタグラムといったソーシャルネットワーキングサービスを有効に活用する人は物凄いいきおいで増えています。どんな人でもプライベート写真をリアルタイムでアップロードしたり、一瞬にして発信可能な時代となっています。これについては、プライバシーを容易に様々な人に向けて公開できるという時代とも言えます。実際に場所等の特定も容易にされることは少なくありません。

社会のデジタル化による情報流出の危険性

アナログのほうが、プライバシーをしっかりと守っていきやすい傾向にあるといえます。いわゆるデジタルツールを、自在に操れる人は、日々の生活の場面であらゆることを速くスマートに遂行していけることが多いといえます。しかしながら、その結果プライバシーも容易に漏えいし易い危険性もあります。日々の生活の多くをインターネットを通してマネジメントしている場合、漏れる危険性もそれなりに生じているということになります。

現代社会のプライバシー保護の難しさについて

最近では、どういうことをするにも、パスワードを欠かすことが出来ません。しかしながら、パスワードはプライバシー流出を阻止する目的で、多様な条件を設けます。使用する文字数制限であったり重複など、一層高度化され、現実には自分自身で設定しておいたパスワードを忘れ去ってしまう場合も多くあります。現代社会においてプライバシーは、厳しく保全されているようでいて、反面容易に流出する危険性も存在しているといえます。

機密文書は、企業内のコンプライアンスを守るうえで、重要性の高いものとして扱われるようになっています。