注意しよう!倉庫業務を行う上で気を付けること!

コンベアの巻き込みに注意!

倉庫にもいろいろあって、ネステナーとパレットだけで商品を管理している倉庫もあれば、ソーターと呼ばれる自動機械を導入している倉庫もあります。最新の機器を使っている倉庫では、機械の導入により生産性を向上させることができます。しかし、機械にはモーターが組み込まれていて、動力部分に巻き込まれたりすると命さえ保障できません。倉庫内には、縦横に設置されているコンベアもあり、回転して部分に巻き込まれる事故もあり得ます。非常停止ボタンがどこにあるかなどを知って置くことは、事故を回避するための重要なポイントにもなります。

仕事はどんな部署でも忙しいもの!

忙しいからという理由で事故を起こしてはいけません。倉庫では在庫を管理するための棚がひしめき合っていますから、狭くて通りにくい通路もたくさんあります。「右良し!左良し!後方良し!」などの指差し呼称の実践していくことで、注意力や安全への意識を高めることもできます。仕事はどんな仕事も忙しいはずです。倉庫業においての伝票作業、入庫作業、出荷業務…とどんな部署でも忙しいのは同じです。どんなに忙しいとは言え、走って転んだりしたら大変!何事にも慌てず騒がず落ち着いて作業すべきですよ。

部品倉庫で働く時の注意点!

電気製品の部品を管理している物流倉庫では、いつでも家電製品等の修理が行えるように供給部品を扱っています。冷蔵庫や洗濯機は各家庭の必需電気製品です。夏場や冬場ではエアコンが欠かせません。特に夏場でのエアコンの故障は、命取りとなる場合もあります。エアコンが壊れたからと言ってすぐに買い替える人はいなく、まずは修理の依頼をするものです。そうした時にあるのが部品の供給センターです。電気製品の部品は温度管理が必要ありませんから、夏場などの倉庫内の室温は非常に高くなります。休憩時間には水分補給をしっかり行い、自分の体調を整えながら熱中症対策などは万全にしておくべきでしょう。

物流とは、生産者が作った製品が消費者の元に届くまでの全ての過程のことです。具体的には商品や原材料の運送や保管などが挙げられます。