社員研修で企業間の格差が生まれてくるのです

首都圏にまで社員を研修に出すローカル企業

社員研修の重要性は大都市もローカル都市も変わるものではありません。研修を行う組織は、どこの地域でもあるのですが、やはりマーケットの大きな大都市には最先端の情報で人材も教材も揃っています。ローカル都市の企業では、社員にこのような研修を受講させたいと思っても出張しなければ受けることができません。そのため、どうしても地域の研修や講師で間に合わせてしまいます。ところが、この現状を打破して大都市に社員を送り込む企業が後々成長企業として差が出てくるのです。

百聞は一見に如かずで現場主義の企業

中小企業における教育は、経営者の考え一つで決まるものです。経営者が現場第一主義の信念を持つ人であれば、社員教育は理屈や理論よりも現場を優先した研修会社を選ぶものです。例えば、小売業の店長教育であれば、優良な店舗を見学コースに取り入れている教育研修プランに参加させます。この店舗が国内になければ、海外にまで出かけるられる研修会社を探しています。まず見せること、そうして何に感動するかを大切にしているのです。

教育投資は人件費と割り切っている経営者

社員研修はお金のかかるものです。講師を会社に招いて、全社員に聞かせるにしても、講演代の他に、ホテル・交通費などがかかります。首都圏で研修が開かれるところに社員を出せば、研修費の他に出張扱いでホテル・交通費がかかります。研修を受けて会社にそれだけの効果をもたらしてくれるのであれば安いものですが、そう単純なものではありません。教育費を人件費と割り切って、年間予算を組み、割り切って教育を続けている経営者もおります。

管理職研修とは、企業の部長などの管理職に向けて行われる研修です。部下の評価システムや、コンプライアンス案件の扱いについての項目があります。