テレアポ代行を利用するメリットとは!知らなければ損をするその内容とは?

自社でテレアポを行うデメリット

テレアポとは、分かりやすく言えば、自社の会社へ電話をしてくる人への受け答えをする人材です。電話で営業を行う事もテレアポと呼ばれる事もあります。電話は、いつ何時かかって来るか分かりませんよね。かからない事を理由に、大切な商談が他社へ奪われる可能性もあります。常に、電話の受け答えが出来る人材を用意しておく必要性がありますよ。ただし、電話の受け答えをしない時間に対する人材は、働かない時間帯に対して無駄な給料を支払う事になります。外部のテレアポに委託をしておけば、電話番に対する人件費の抑制に繋げて行く事が出来ますよね。

声の質の違いが自社に影響を与える

美しい声は、人の心に心地よい風を送り、リラックスをした様な状態を作り上げる事もありますよね。外部のテレアポは、話し方を初め好印象を与える様なテレアポを磨き上げている事が一般的です。自社の力の入った営業マンが、電話の応対に応じれば、怒鳴ったような声の様に聞こえてしまうかもしれませんよね。電話の相手に悪い印象を与え、自社の印象を損ねてしまうかもしれませんよ。たとえ、クレームの処理であろうとも、外部のテレアポであれば、好印象を与えて良い印象に変えてくれるかもしれません。電話の対応は、顔が分からないために声からのイメージを膨らませやすくなります。そのため、声の質とは、自社にとってとても大切な要素の一つです。

市場規模を容易に拡大

業務を拡大すれば、人との繋がりも数多く増えて行く事になりますよね。分かりやすく例えるならば、会員数が10人のサービスに対して、会員数が1000人になれば、今まで以上の会員からの問い合わせが増えるかもしれません。ネット時代とは、いつ何時口コミでサービスの内容が広がり、利用者が増えるかもしれませんよね。もしも、対応ができなければ、信用を失い大切な顧客を失ってしまいかねません。予め、外部のテレアポを利用していれば、直ぐに応対する事も可能ですよ。テレアポの利用は、メリットはあってもデメリットはほとんどありませんよね。

テレアポ代行では、十分な研修を積んだプロが業務を行っており、積極的な営業活動を行いたい場合に大変役立ちます。